静岡県広告協会

お問い合わせ

TEL:054-284-8566Mail:

静岡県
広告協会について

会長挨拶

go_ooishi.jpg

 静岡県広告協会は、広告をあらゆる人々の生活向上に役立つ情報とするために、また、広告への信頼感および社会的評価を高めることを目的に、全日本広告連盟(全広連)の36番目の地域広告協会として、1991年(平成3年)に設立されました。

 会へは広告主を含めた静岡県内の広告に携わる幅広い方々にご参加いただき、会員を対象とした広告に関する講座・講演会・研究会や交流懇親会をはじめ、一般県民を対象とする講演会・ACC CMフェスティバル入賞作品発表会などを通し、広告への理解と関心を高める活動を積極的に展開しております。また、1997年(平成9年)にはテレビ・ラジオのCM制作技術と広告倫理の向上を図るため「静岡県CMグランプリ」を創設し、県内唯一最大のラジオ・テレビCMコンクールに育っています。

 広告はいつの時代も人々の暮らしに役立つ情報源であり、豊かな社会形成に寄与する役割を担ってまいりました。インターネットの普及で、情報入手・伝達の手段やコミュニケーションのとり方が大きく変化していますが、情報を伝えるという広告の本質的な機能は変わりません。私どもも、様々な情報の受発信を通して本協会の活動を県民の方々に理解していただくとともに、広告界の一層の発展に寄与してまいる所存です。

 広告にかかわる方々には、表現の自由、広告の社会的評価を高めるためにも是非当協会にご入会いただき、活動にご参加くださいますようお願い申し上げます。

[写真]大石 剛

平成27年6月
静岡県広告協会
会長 大石 剛
((株)静岡新聞社・代表取締役社長/
静岡放送(株)・取締役社長)